新掲載

クリックしてください

料理

水辺の生き物

宮川の源流を知る

2020年9月作成
宮川河口の瀬戸橋から宮川源流の1つ
関が谷市民の森までの約1時間の歩行を辿る。

関ヶ谷市民の森
トップに戻る

入会のおすすめ
横浜市金沢区釜利谷西2丁目10番地
愛護会員コーナー
関連ホームページ

関ヶ谷自治会HP

坂本町側入口

あなたは番目 のお客さんです

今日は

面積2.2ヘクタール標高差40mの起伏に富む森です。
山あり谷あり小川ありの住宅地密接の市民公園です。
人家はなく電気、ガス、水道はなく蛍、魚、竹、梅、種々の樹木、
草花など自然の動植物に恵まれた公園です。

入り口は釜利谷の関東学院大学 正門前から下り階段、
山に入る山の手入口
道路伝いにはいれる坂本町側入口
の3か所があります。

常に30人以上いる愛護会員が樹木、通路、動植物の見守り、
清掃、伐採など行っています。 
入会歓迎です。
三浦釣り天気
金沢区の天気

常駐リンク

関東学院

大学側入

大学側入

関ケ谷市民の森愛護会

SSA

山の手入口

3.平家ほたるの放流と鑑賞